家庭教師と塾

家庭教師と学習塾はどちらも子どもに勉強を教えるためのサービスの一種ですが、これらは似ているようでまったく異なるサービスです。 子どもによっては学習塾のよりも家庭教師のほうが成績を上げることが出来ることもあるので、学習塾に通わせても成績が上がらなかったときは、家庭教師を利用してみてください。 家庭教師と学習塾の大きな違いは、生徒のペースに合わせた勉強が出来るという点です。

学習塾は基本的には生徒が塾に通い、他の生徒と一緒に授業を受けることになりますが、このとき講師の授業ペースについてこられないと、 他の生徒にも付いていけなくなり、成績が伸び悩んでしまうほか、勉強へのモチベーションも失われてしまいます。 その点家庭教師なら子どものペースに合わせて勉強内容を提案してくれるので、子どもの望むペースで着実に実力をつけることが出来ます。

子どものペースに合わせて着実に成績を上げることが出来る家庭教師ですが、生徒一人に講師を一人あてがう必要があるので、 学習塾と比べるとどうしても月謝が高くなってしまいます。 教育費の負担が増えるのは、生活にも少なからず影響を与えるでしょうが、子どもが勉強についていけない状態のままでいることも問題なので、 金銭的な余裕があるなら、積極的に家庭教師は利用してみてください。